Harnessが2023年9月の一連の製品アップデートを発表

Harnessが2023年9月の一連の製品アップデートを発表

最高級のDevOpsソリューションを提供するという継続的な取り組みの一環として、Harnessは2023年9月の一連の製品アップデートを発表しました。これらの機能強化により、組織はソフトウェアデリバリープロセスを合理化し、開発作業を強化できるようになります。

Continuous Delivery & GitOps

  • ネストされたパイプラインの深さの制限:Harnessは、システムの安定性を向上させるために、実行パイプラインのネストの深さに関する制限を導入しました。この更新により、25レベルのネストを超える場合にはノードの実行が許可されなくなり、プロセスに制御層が追加されます。

(詳細については、リリースノートを参照してください)。

Continuous Delivery & GitOpsリリースノート

Continuous Integration

  • 組み込みコードベース式:Harnessは、ビルドタイプ間で組み込みコードベース式の値の一貫性を向上させました。この更新により、ビルドタイプに関係なく、これらの式に対して同様の値が保証されます。
  • GitHubアプリ認証のサポート:この機能は、フィーチャーフラグCDS_GITHUB_APP_AUTHENTICATIONを通じてアクセスでき、Harness Delegateのバージョンが80308以降であれば、GitHubアプリ認証のサポートを有効にします。

(詳細については、リリースノートを参照してください)。

Continuous Integrationリリースノート

Feature Flags

  • Feature Flags Server Version 1.1079:この更新により、以前に評価があったものの60日間非アクティブだったフラグを古いものとしてマークできるようになりました。

(詳細については、リリースノートを参照してください)。

Feature Flagsリリースノート

Cloud Cost Management

  • ServiceNowとレコメンデーションの統合:Harnessは、レコメンデーションのチケットを作成するためのチケットツールとしてServiceNowを導入しました。これにより、組織はチケット発行ツールとしてJiraとServiceNowのどちらかを柔軟に選択できるようになります。
  • AWS Perspectivesの機能強化:AWS Perspectivesは追加のGroup Byオプションをサポートするようになり、コスト管理のきめ細かさを強化しました。
  • パースペクティブ内の返金と割引:以前は、パースペクティブ内の負の値が正しく表示されませんでした。この更新により、負の値が赤色の棒グラフに集計され、コストデータがより明確に表示されるようになります。

(詳細については、リリースノートを参照してください)。

Cloud Cost Managementリリースノート

Security Testing Orchestration

  • Aqua Trivy機能アップデート:Aqua Trivyスキャンは、脆弱性に加えてプレーンテキストでシークレットをキャプチャー・レポートするようになり、セキュリティー評価を強化します。

(詳細については、リリースノートを参照してください)。

Security Testing Orchestrationリリースノート

Chaos Engineering

  • カオスインフラストラクチャーの自動アップグレード:新機能により、ユーザーはクラスタースコープのカオスインフラストラクチャーの自動アップグレードを実行でき、インフラストラクチャー管理が簡素化されます。
  • OpenShiftセキュリティーコンテキストのサポート:ユーザーは、実験作成ステップでRunAsUserおよびRunAsGroupの調整パラメーターを使用してOpenShiftセキュリティーコンテキストを利用できるようになりました。
  • UIの更新:カオス障害構成のApp Label(s) フィールドが、Kubernetes実験での複数選択ドロップダウンをサポートするようになり、使いやすさが向上しました。

(詳細については、リリースノートを参照してください)。

Chaos Engineeringリリースノート

Internal Developer Portal(IDP)

  • IDPプラグインの更新:IDPにGitHub Catalog Discoveryプラグインが含まれるようになり、GitHub組織・リポジトリーからのcatalog-info.yamlファイルの検出が簡素化されます。
  • IDPテンプレートの更新:HarnessOrgPickerやHarnessProject PickerなどのUIピッカーがソフトウェアテンプレートで利用できるようになり、プロジェクトと組織の選択がより使いやすくなりました。

(詳細については、リリースノートを参照してください)。

Internal Developer Portalノート

Software Engineering Insights

  • SCMコーディングデイズウィジェットの強化:SCMコーディングデイズの単一の統計ウィジェットには、小数点以下2桁の数値が表示され、より正確な情報が提供されるようになりました。
  • パイプライン選択のUIの強化:ユーザーはパイプラインを手動で選択したり、全てのパイプラインを一度に選択したりできるようになり、パイプライン管理が向上しました。
  • メモのリッチテキスト書式設定オプション:太字、斜体、テキストと背景の色、絵文字、数字、元に戻す/やり直し、個条書き、リンクなど、メモ用の強化されたリッチテキスト書式設定オプションが追加されました。
  • TestRailの新しいサポート:TestRailレポートはテストケースをサポートするようになり、テストプロセスの可視性が向上しました。
  • ES-Dependency関係分析の新しいサポート:ES-Dependency関係分析におけるリンクされた問題のサポートが導入され、問題のリンクとプロジェクト管理が改善されました。

Harness Platform

  • ハートビート間隔の更新:コネクタをテストする永続タスクのハートビート間隔が10分から30分に延長され、ハートビートの失敗によるエラーログが減少しました。
  • アカウントライセンスの更新:無料およびコミュニティーライセンスのアカウントは100ユーザーに制限されました。
  • MongoDBサポートの追加:Debeziumライブラリーをバージョン1.9にアップグレードすることにより、MongoDB 5.0のサポートが追加されました。
  • Vaultトークンキャッシュのサポート:Hashicorp Vaultコネクタにより、Vaultトークンのキャッシュが可能になり、トークン管理が改善されました。
  • デリゲートの有効期限の更新:デリゲートの有効期限が、 Harness Managerとデリゲートのバージョンの違いに基づいて計算されるようになりました。
  • 監査証跡ロールの機能強化:ロール割り当ての変更が有益なアクションタイプとともにログに記録されるようになり、ロールの変更に対する可視性が向上しました。
  • デリゲート選択ログの更新:デリゲート選択ログ内の選択されていないエラーメッセージには、スコープ内で不一致のセレクターのみが含まれるようになりました。
  • シークレットのスコープ:Secret Managerの親スコープを使用して、子スコープでシークレットを作成できるようになりました。

(詳細については、リリースノートを参照してください)。

プラットフォームリリースノート

Self-Managed Enterprise Edition

  • Harness Delegate:List Tokens APIは、アカウント内の全ての個人アクセストークンまたはサービスアカウントトークンのリストをサポートするようになりました。
  • Continuous Delivery & GitOps:パイプラインの全てのステージまたは個々のステップの実行JSONを、JSONパーサーツールを使用して取得できるようになりました。
  • Harness変数:API、Harnessマネージャー、およびYAML設定のHarness変数に必須の設定が追加されました。
  • Gitの詳細の編集:パイプライン内のGitメタデータと、Git同期Harnessパイプラインで使用される入力セットを編集できるようになりました。
  • Harness以外のユーザーへのeメール:Harness以外のユーザーにeメールを送信するには、SMTPサーバーを構成し、「Harness以外のユーザーへのeメールの送信を有効にする」設定を有効にします。

(詳細については、リリースノートを参照してください)。

Self-Managed Enterprise Editionリリースノート

早期アクセス

  • Continuous Delivery:Helmチャートを使用したサービスの移行、マニフェストでの複数のHelmチャートのサポート、ASGポストプロダクションロールバック、継続的デプロイメントパイプラインステージでのマルチサービスの伝播、トリガーアクティビティーページ、トリガーエクスプローラーは、早期アクセスの魅力的な機能の一部です。
  • Continuous Integration:Harness Cloudビルドインフラストラクチャーのユーザーは、ビジュアルエディターのCache Intelligenceを利用できるようになりました。
  • Security Testing Orchestration: Security Testsタブには、さまざまな基準で問題リストをフィルターリングするためのプルダウンメニューが含まれています。
  • Chaos Engineering:Linux Chaos FaultsとREST APIの移行は、他のいくつかの機能強化とともに早期アクセスの一部です。
  • Self-Managed Enterprise Edition:デバッグモードでの再実行でPythonとPowerShell Core(pwsh)がサポートされるようになり、ローカルランナービルドインフラストラクチャーにデバッグモードを使用できるようになりました。

(詳細については、リリースノートを参照してください)。

早期アクセスリリースノート

  • Continuous Delivery & GitOps: Blue Greenデプロイメントには、環境を区別し、明確性を高めるためのフィールドがリリース履歴に含まれるようになりました。

Harnessは、DevOpsチーム向けに革新と最先端のソリューションの提供を続けており、これらの2023年0月の製品アップデートは、ソフトウェアデリバリープロセスの改善と開発努力の強化に対する同社の献身的な取り組みの証です。組織は、これらの機能強化により、より合理化され効率的なDevOpsエクスペリエンスを期待できます。


この製品の詳細については、Harness製品ページをご覧ください。

You've successfully subscribed to DXable News
Great! Next, complete checkout to get full access to all premium content.
Welcome back! You've successfully signed in.
Unable to sign you in. Please try again.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.
Error! Stripe checkout failed.
Success! Your billing info is updated.
Billing info update failed.
Dark Light