Sumo Logicが統合データ収集でKubernetesモニタリングを強化

Sumo Logicが統合データ収集でKubernetesモニタリングを強化

最先端のSaaSログ分析プラットフォームであるSumo Logicは、Kubernetesインフラストラクチャーの監視のためのデータ収集の簡素化において重要な一歩を踏み出しました。同社は、データ収集を完全に統合するために設計された機能であるHELM Chart V4を導入し、OpenTelemetry(OTel)への取り組みを強調しました。

データ収集の合理化

Sumo LogicのHELM Chart V4の採用は、Kubernetesクラスター上でアプリケーションとサービスをパッケージ化、設定、デプロイするためのデフォルトの選択肢としてOpenTelemetryを選択することで、データ収集を簡素化することを目的としています。この動きにより、Fluentbit、Fluentd、Prometheusなどの異種のサードパーティーソリューションが不要になり、データ収集に関連する複雑さとコストが削減されます。

コスト削減と効率性

ログ、メトリック、トレースの収集を完全に統合することで、各組織は複数のエージェントを管理する必要がなくなり、コストを削減できます。導入ライフサイクルにおけるこの最適化により、更新と潜在的なセキュリティーリスクも最小限に抑えられます。さらに、OTelコレクションはCPUリソースの消費を減らしながらパフォーマンスを向上させ、さらなるコスト効率の向上につながります。

HELM Chart V4の主な機能

Sumo LogicのHELM Chart V4は、次の主要な機能を提供します。

  • 統合収集:組織は単一のエージェントを通じてKubernetes環境を監視できるようになり、ログ、メトリクス、トレース、イベントなどの全監視シグナルをカバーできます。
  • 自動計測:相関テレメトリと自動計測により、データ収集プロセスが簡素化され、さまざまなサードパーティーの収集エージェントを使う場合の管理の複雑さが軽減されます。
  • 事前に用意された構成:全データタイプに対して単一のエージェントを実行すると、データ収集のフットプリントがより効率的になります。これにより、アプリケーションインフラのセットアップが迅速化されるだけでなく、開発者とDevOpsチームによりスムーズなエクスペリエンスが提供され、導入が促進されます。

Sumo LogicのHELM Chart V4は、Kubernetesインフラ監視、データ収集の合理化、デジタルビジネスの運用上の洞察の強化における大幅な進歩を示しています。Sumo LogicはOpenTelemetryをデフォルトとして採用することで、組織が効率性の向上、コスト削減、より簡単な監視エクスペリエンスを実現できるようにします。


この製品の詳細については、Sumo Logic製品ページをご覧ください。

You've successfully subscribed to DXable News
Great! Next, complete checkout to get full access to all premium content.
Welcome back! You've successfully signed in.
Unable to sign you in. Please try again.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.
Error! Stripe checkout failed.
Success! Your billing info is updated.
Billing info update failed.